セレクトショップの経営者や店長など、店舗運営そのものを将来的に目指している皆さんにとって、とてもオススメの資格があります。
それはファッションビジネス能力検定というもの。

今既にアパレルショップの販売員として頑張っている方であれば、お店の店長へと昇進するために取得を目指すというパターンも多いと思います。
そこで、今回はこのファッションビジネス能力検定について、少しご紹介をしていこうと思います。

「ファッションビジネス能力検定とは」

簡単に言ってしまえば、アパレル業界に関する基本的な造詣知識、流通などのマーケティング、顧客満足度向上等に関する技術・技能などのスキルを評価するための検定です。
3級までが用意されていますが基本的には難易度の低い資格になるため、取得のためにそれほどの苦労は必要ないかもしれません。
下位の2級および3級では、基本的なビジネスマナーであったり、知識に関する問題。

また、ファッション業界におけるマーケティングや流通、商品の知識をしっかりと持っているかどうかを評価されます。
専門の参考書や問題集なども販売されているのですが、それらをしっかり勉強するだけでも充分に合格できるでしょう。

ただ、実際の試験に関して言えば、回答までの時間があまりないためゆとりは余りありません。
大きなミスなどをしないようにゆっくり確実に進めれば、問題なく試験を終えることができると思います。

合格率に関して言えば、2級で50%ほど、3級では70%ほどになります。
この資格自体は、アパレルメーカーやデザイナー関連、デパートや百貨店など、関連の企業等において認知度がとても高いものですので、実際に取得していれば、就職時、転職時でアピールするのに役立つでしょう。

画像出典元:https://7net.omni7.jp/detail/1106162810

「将来を見越して取得しておくのがベター」

ファッションが好きで、将来的にはどうしてもこの業界で頑張っていきたい!そう考えているのなら、最終的には販売員としてスペシャリストを目指す方もいれば、バイヤーやデザイナーなど、色々な職種があり、どれを選ぶかは本当に人それぞれという部分があります。

しかし、そのどこかで独立や店舗運営などの可能性を考えることもあるのではないでしょうか。

そうなったときに持っていれば、いざという時に役立つかもしれません。
企業内で昇進するために、あるいは独立する際にはここで得た知識が利用できるでしょう。

ファッション業界におけるビジネス戦略知識を学べるため、取得することだけでなく、取得までに得た知識もあなたの糧になると思います。